白にきびをつぶす方法!赤にきび、黒にきびは潰したらダメだよ!

にきびをつぶすとニキビ跡になると昔から言われていますが、正しくもあり、少し間違いもあるといった感じですね。正確には、ニキビ初期の白にきびは潰してもいいと言われています。ただ潰すといっても、中の芯を押し出すといった方が分かりやすいですね。

なお白にきびが進行した、赤にきび・黒にきびは絶対に潰してはいけません。ニキビ跡の原因を作るだけです。なお白ニキビを潰す場合も、キチンとした道具をただし使うことがポイントです。間違った方法では、ニキビ跡に原因を作るだけになります。

そこで一般的な白ニキビのつぶし方を紹介します。使う道具は、面皰圧子(めんぼうあっし)・ピンセット・消毒液・軟膏などです。軟膏は、白ニキビの芯を出した後に、ばい菌が入らないように塗るために使います。またピンセットは、面皰圧子で押し出した芯を取り除くのに使います。ここで手を使って取り除く方もいますが、手のばい菌が傷跡に入ることもあります。実は、これがニキビ跡の原因になることもあるので、ちゃんとピンセットで取り除きましょう。

そこで白ニキビのつぶし方(芯の出し方)の手順を紹介します。最初に手を洗い、洗顔もしておきます。さらに使う道具も洗浄しておきましょう。そして白ニキビに面皰圧子を押し当て、芯を出します。それをピンセットで取り、軟膏を塗るだけです。実に簡単ですが、面皰圧子は肌に強く押し当て過ぎないようにすます。これで肌を傷つけることもあるそうです。

白にきびをつぶすのは簡単なんですが、できれば専門医に任せたい感じですね。
posted by アクネトリートメント at 09:07 | にきびの潰し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。